2014年11月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

古くなったら新しいものに取り替える。そんなふうにして、人は物を使い、そして使い続けていきます。
たとえば、家の中にあるいろいろなものも、具合が悪くなったり見栄えが悪くなったり、動きが悪くなったりしたら取り替えをすることになります。

「畳替え」というのも、そのひとつです。読んで字のごとく、畳替えとは畳を取り替えることを言います。

畳というのは、日本ではお馴染みの床に敷く敷物です。和室や茶室、武道場など、日本古来の文化が見られるところに、今でも敷かれています。
もちろん、家の床に畳を敷くということも行われています。「い草」の香りや、やわらかな弾力性などが今でも人気の建材のひとつなのです。

畳

畳替え

そして、その柔軟性、弾力性を実現している材質だからこそ、畳替えというものが必要です。自然由来の材料で作られた畳は、適宜、その部分を取り替えることで「新鮮な状態」にする必要があります。
化学製品で保護されていない畳は、健康的に安心できる代わりに、環境による劣化ということを免れないのです。植物がいつかは枯れるのと同じことなのです。

とはいえ、畳が古くなったから、傷んだからといって、いきなり床から畳を剥がして持っていくというわけではありません。畳替えという「交換」は、いくつかの種類に分かれています。
表面の部分だけを取り替えるもの、畳そのものを床から剥がして取り替えるもの――などです。